車関係

【新型ジムニー】座席の下に転がってる黒いカバーは何?!取り付け方とコツを伝授

こんにちは!konatsuです。
突然ですが、皆さんのジムニーの助手席の下にこんなものが転がっていたことはありませんか??

JB64に乗り、今まで色々な箇所をカスタムしてきた私ですが、ある日ふと助手席の座席の下に何か転がっているのを発見…。
何か調べても全然出て来ず、覗き込んでもよくわからない…。身に覚えもない…。

ディーラーさんへ相談するかどうしようか迷いましたが、まずは同じジムニー乗りの皆さんに聞いて見よう!ということでSNSで写真付きで聞いてみたところ、ここのあたりのカバーだったことが判明!

助手席の座席をスライドする金具あたりのカバーでした。

えー!なんで!触ってないのに!
いつの間に取れたんだろう?
と思いながらも元の場所に戻そうとするけど全然はまらず…
なんとか上手くはめられるコツがないか探したところ、
カバーをよく見ると、縦長のツメ横長のツメがありました!

ていうことは縦長の穴横長の穴があるはず!!
これは取り付けのヒントになるのでは!
と思い、早速覗き込んで取り付けてみることにしました。
やはりありましたね。見えずらいですがここの部分です。

カバーをはめる場所は、車に乗り込む側の上の画像の部分です。

取り付け前の注意点とコツ

かなり見えにくい場所なので、携帯のライト等で照らしながら取り付けたほうがいいです。

座席の前方側から覗き込んで作業をしたい場合は、レール部分の油に注意です。
(私はそれで左手がベトベトになりました笑)

こちらの取り付け後の画像をみながら位置を把握してはめるとすぐにはまりやすいです。

 

それでは早速はめていきましょう!ヽ(^o^)丿

取り付け方

 

  1. 助手席のシートを目一杯前方に出します。後ろから座席の下を覗き込む形で作業します。
  2. ツメの位置と、穴の位置を確認します。ここで先ほどの取り付け後の画像も見ておいた方がいいです!大体の場所を確認しておきましょう。
  3. 片方のツメを穴に差し込みます。
    この時私は縦のツメを先に差し込むほうがもう片方のツメを差し込む時に見ながらできるのでやりやすかったです。
  4. もう片方のツメを差し込みます。
    結構硬いので、場所が定まったらガツッと力を込めてはめ込みます。

 

これで取り付け完了!

私は最初手こずってしまい30分くらい取り付けに時間がかかってしまいましたが、コツを掴めばすぐにはめることができます。

カバーが取れる原因

ジムニーは収納スペースがあまりない為、座席の下のスペースにものを置いてしまいがちです。実際私は靴を乗せていて、それが引っ掛かりカバーが取れてしまっていました。

その他にも後ろに人を乗せた場合足があたってカバーがとれちゃうこともあるようなので、自分が気が付かないうちに見たことないものが転がってる!!と、なるようです。
今回は助手席側でしたが、運転席側も同じなので落ちていたら向きは反対ですがこの記事の手順や注意点を参考にしてもらえたらいいなと思います。

 

もしかしたら皆さんの座席の下にもカバーがいつのまにか転がっているかも知れないですね。
もし取れていたら今回の記事が参考になれば幸いです。
YouTubeでも取り付け動画をアップしているので、是非ご覧ください!
https://youtu.be/E-kOMUdSUy0
動画の方がイメージがしやすいかもしれないです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

konatsu camper